モンスターハンターフロンティアボスモンスター:飛竜種Ver2

フルフル

暗い洞窟などの寒い地域に好んで生息する、発電器官を備えた飛竜。目は退化したが、代わりに嗅覚が発達しており、これで獲物を感知する。

そのため発見状態にならないので、目のマークは出ず、またハリウッドダイブもできない。見つけたら仲間のためにマーカーを発信しよう。

洞窟内では天井に張り付くことができ、これによって天井から質量攻撃を仕掛けてくる。皮膚は柔らかく湿ったブヨブヨの肉質で、打撃系ダメージを減少させてしまう効果がある。

モンスターハンターフロンティアのハンター達からは、稀白竜と呼ばれる。

▲TOPへ

モノブロス

孤高の一角竜。初代モンスターハンターからの伝統で、この竜には一人で立ち向かわなければならない。

基本的にディアブロスと行動パターンは同じだが、ディアブロスほど怒りっぽくない。
ソロクエのみであるためハンマーや狩猟笛、ガンナーの人はブーメランを持参しないと尻尾の切断ができないので注意。(弓の近接攻撃でも可)

上位モノブロスには基本報酬にモノブロスハートが入っている(その他には特に変更は無し)
ただし下位に比べると体力が多く結構タフになっている。
モノブロス素材、角が欲しいなら下位、モノブロスハートを狙うなら上位がおすすめ。
モンスターハンターフロンティアのハンター達からは、一角竜と呼ばれる。

▲TOPへ

ディアブロス

巨大な2本の角をもつ飛竜(しかし飛ぶことはあまり無い)。非常に攻撃的でプライドが高く、人間から攻撃を受けると、猛烈な怒気でもって攻撃を行う。特殊なブレス攻撃などは行わないが、硬い外殻と巨体に似合わぬ俊敏な動作を用いた直接攻撃はどれも危険性が高い。

咆哮は凄まじい音量で周囲にガレオスが居るとまとめて飛び出しのたうち回る程。勿論ハンターに対しても脅威である。怒り時の攻撃力は凄まじく、半端な装備で突進を食らうと容易に致死ダメージに達する。

モンスターハンターポータブル以前のモンスターハンターシリーズでは、最大最強最悪の敵とされています。

▲TOPへ

ティガレックス

モンスターハンターフロンティアのハンター達からは、轟竜と呼ばれる。

飛竜種の中でも原始的な外見をしており、翼が退化して飛行が不得意な為、空中からの攻撃はしてこない。しかしそれを補うほどの強力な前肢を持ち、飛びかかりや突進など地上での攻撃は凄まじい。
初登場となったモンスターハンターポータブル2では、突進時に方向転換する猛ダッシュ(ドリフトなどと呼ばれる)に苦しめられたプレイヤーが多かった。

▲TOPへ

エスピナス

モンスターハンターフロンティアのハンター達からは、棘竜と呼ばれる。

エスピナスは樹海を縄張りとし、全身に堅い甲殻と鋭い棘を持つ飛竜。
体内には毒を生成する器官が備わっており、樹海の主、棘竜などといった呼称で呼ばれる。

普段は温厚でおとなしく、ハンターなど気にも留めないように辺りを徘徊する。
しかし、怒ると全身と棘が紅潮、一変して非常に攻撃的になる。ティガレックスを超える速さの突進は脅威の一言。

▲TOPへ

アカムトルム

初登場となった作品はモンスターハンターポータブル2。覇竜の名を持つ。
古龍種と勘違いされやすいが、ティガレックスと似た外部形態から飛竜種に分類されている。
初登場となったクエストが「起源にして頂点」と言う名前のため、飛竜種の祖先と言う見方をする人もいる。
その巨躯は正に圧巻、ゲーム内設定ではグラビモスを一撃で葬る力を持っている。

動き自体はそれほど早くもなく、何戦かすればすぐ慣れる事ができるだろう。
素材集めにお金稼ぎにと、HRを問わず人気のモンスター。
意外と鳴き声が可愛い。

▲TOPへ

モンスターハンターフロンティアボスモンスター:飛竜種Ver2まとめ

飛竜種の中でも手ごわいボスが並んでますねぇ・・・(笑)

けど、狩れた時の達成感や満足感は大きいはず!めげずに挑戦していきましょう!

モンスターハンターフロンティアの世界では、防具を鍛える時にも素材が必要な事から、ずっと狩っていく定番のようなモンスターですね。

おすすめWEBサイト 5選

ドローンスクールに通うなら
http://dronecollege.ac/

2017/3/2 更新


▲TOPへ